明石

  • 印刷
男性係長を巡り処分する方針を固めた明石市の市役所=明石市中崎1
拡大
男性係長を巡り処分する方針を固めた明石市の市役所=明石市中崎1

 兵庫県明石市社会福祉協議会に勤める40代の男性係長が2017~18年、部下の20代女性職員に対し、指導や助言と称して頭をなでるなどのセクハラ行為を繰り返していたことが29日、分かった。係長は市から派遣されており、市は近く懲戒処分する方針。

 関係者によると、男性職員は市の任期付き職員で、市社協に派遣されていた。女性職員は既に退職しており、退職前に別の同僚に被害を打ち明けたという。同僚が今年1月、セクハラやパワハラの被害を相談する市の窓口に申し出た。

 市の調査では、17年4月~18年1月、係長は女性職員に対し、複数回にわたって、頭をなでたり、手を触ったりした。さらに、交際相手や結婚の予定なども複数回聞いたという。

 係長は「指導やコミュニケーションのつもりだったが、不快な思いをさせたとすれば申し訳なかった」と話しているという。

 同市は昨年6月、部下10人にパワハラやセクハラ行為を繰り返した元部長=当時(59)、依願退職=を停職6カ月の懲戒処分にしたのを受け、同8月に市役所や労働組合内に相談窓口を設置していた。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 10%

  • 9℃
  • 6℃
  • 50%

  • 13℃
  • 8℃
  • 20%

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

お知らせ