明石

  • 印刷
トライやる・ウィークで明石市の泉房穂市長にインタビューする中学2年生=明石市役所
拡大
トライやる・ウィークで明石市の泉房穂市長にインタビューする中学2年生=明石市役所

 中学校2年生が地域で就業体験する「トライやる・ウィーク」が3日、兵庫県明石市内で始まった。市立中学校と特別支援学校に通う2432人が7日まで、一斉に社会へ飛び出す。多様な867の職場で5日間、自分らしく生きる手がかりを見つける。(藤井伸哉、勝浦美香)

 明石市教育委員会によると、初年度の1998年度は687事業所が協力し、翌年以降は延べ900前後の事業所に広がっている。2018年度までに、5万7095人の中2生が就業体験した。

 今年は、保育園やスーパー、スポーツ店、飲食店、漁協、青果店、病院、消防、自動車販売店、美容室、神社などの事業所が協力している。

 地域の理解が深まっているとはいえ、幅広い職種の事業所から協力を得るのは骨の折れる仕事という。トライやるが終了するとすぐに礼状を送り、秋から冬にかけて教職員やPTA役員が事業所を訪れるなどしている。

 市教委によると、就業体験が注目されがちだが、本来の目的は生徒が体験から学び、成長に結びつけること。担当者は「豊かな心を育む5日間にしてほしい」と話している。

■市長へ暴言問題鋭く質問 記者体験始めた生徒たち

 神戸新聞明石総局では、高丘中の碓氷晃弓さん(13)、大蔵中の大澤真弘さん(13)、望海中の坂本光さん(13)、野々池中の林谷映和さん(14)の4人が記者体験を始めた。

 初日はいきなり、明石市の泉房穂市長(55)にインタビュー。暴言問題を巡る鋭い質問が飛び出し、市長が応接室のソファにのけぞる場面もあった。

 事前にじゃんけんで決めていた1巡目の順番。トリを務めた大澤さんは「一度市長を辞めて再び当選したが、市民への思いは」と直球勝負。泉市長は「あぁ…。えらい取材やね」とたじろぎ、言葉を選びながら「期待に応えるための責任が重い」と答えた。

 終盤、坂本さんが「市政運営で気をつけることは」と尋ねると、市長は苦笑いしてのけぞった後、「明石市民のためなのかを常に考えている」と答えた。

 林谷さんは、明石駅北側にあったタイのオブジェが撤去された理由を質問。市長は「古くなって危なかったから」と答え、「南側にもタコのシンボルを個人的には置きたい」と話した。

 碓氷さんは「給食を食べる時間が15分間しかない。改善してほしい」と訴え、他の3人も15~20分間と説明。市長は驚きながら、「個々の学校に時間をどうこう言うのは差し支えがある」としながら、「教育委員会に一覧をつくるように言うといて。そしたら意識してもらえるかな。市長心配してたよって言うてもらえたら」と同席した職員に“指示”した。(藤井伸哉)

【トライやる・ウィーク】 1997年の神戸連続児童殺傷事件を受け、県教委が設置した「心の教育緊急会議」の提言に基づく。県内の中学2年生が対象。結論を教えるのではなく、地域での体験を通じ、生きる力を育むことを狙う。事業名の「トライ」には「学校、家庭、地域の三者(トライアングル)の連携」という意味も込められている。

明石の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 32℃
  • 25℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 50%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ