明石

  • 印刷
拝殿で戎舞を奉納する衣川中の生徒=岩屋神社
拡大
拝殿で戎舞を奉納する衣川中の生徒=岩屋神社

 「トライやる・ウィーク」で活動する衣川中学校の女子生徒5人が6日、岩屋神社(兵庫県明石市材木町)で巫女の舞を奉納した。

 5人は3日から同神社の境内の清掃や内職などに取り組んでいる。礼儀作法の学習では箸や茶わんの持ち方など、普段あまり意識しないことの指導を受け、勉強になったという。

 この日舞ったのは毎年1月の「初戎祭」で奉納される「戎舞」。5日の午前と午後、6日の午前に計5時間ほど練習し、舞の動きを覚えた。拝殿では保護者や先生が見守る中、白衣と赤いはかまを着た5人が鈴などを持ち、緊張した表情で舞った。

 岡本雫さん(13)は「みんなで動きをそろえるのが大変だった。少し恥ずかしかったが堂々と舞うことができてよかった」と話していた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ