明石

  • 印刷
「子午線」の校歌への採用は天文科学館開館後に急増した=明石市人丸町
拡大
「子午線」の校歌への採用は天文科学館開館後に急増した=明石市人丸町
校歌に歌われる子午線について話す吉野健一さん=神戸大学バイオシグナル総合研究センター
拡大
校歌に歌われる子午線について話す吉野健一さん=神戸大学バイオシグナル総合研究センター
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県明石市が「子午線のまち」として市民に広く認識されるようになったのは、天文科学館が完成し、見えないものが可視化されたから--。そんな推測を、神戸市垂水区の研究家が明石市内外の「校歌」から導き出した。「時のウィーク」(10~16日)に、明石のランドマークの存在意義について考えた。(吉本晃司)

 「校歌の中の子午線」を調査したのは、市立天文科学館が事務局の親睦団体「星の友の会」会員、吉野健一さん(55)。

 吉野さんは趣味で天文にまつわる文化を研究する。「母校の校歌に子午線が出てくる」という知人の話をきっかけに、明石市立の小中学校41校、高校8校、明石高専、神戸大付属小、特別支援学校、専門学校のほか、今はない松が丘南小など60校以上を調べた。

 校歌は地域の自然や風景を織り込むことが多い。東経135度が日本標準時に決まったのは明治時代の1886年。校歌に「子午線」が登場する頻度や時期を調べれば、いつごろ地域のシンボルになったかが分かるのではないか。

 調査の結果、歌詞に「子午線」が含まれていたのは、小学校4校(松が丘、朝霧、大久保南、神戸大付属)、中学校1校(朝霧)、明石高専学生歌の計6校。神戸大付属小の校歌は、統合前の旧付属明石小から「子午線」が引き継がれていた。

 子午線は明石市だけを通っているわけではない。近隣では神陵台小(神戸市垂水区)の校歌、神戸学院大(同市西区)の「讃歌」にも歌われていた。遠く離れた同県豊岡市但東町の資母小の校歌にも登場していた。

 子午線が歌われる学校と歌われない学校の違いは何なのか。吉野さんは、創立時期に注目する、

 「最も早く歌われた神戸大付属明石小校歌は1963年の制定。60年代後半から70年代にかけ、一気に7校に広がった。つまり、63年の少し前に何か大きな出来事があったはずです」

 それが市立天文科学館の開館(60年)だ。

 「子午線も時も、目に見えない。だからまちのシンボルとして認識されにくかった。天文科学館が塔のようにどーんと建ち、大きな時計が時を刻む。子午線と時が可視化されたことで、明石の象徴になった」

 実は、明石市内の学校に最もよく登場する自然風景は、子午線ではなく淡路島だそうだ。

 積極的に子午線をアピールしたい明石市の「市歌」に子午線が含まれていないのは、制定が29年と古いからだ。

 吉野さんは「明石に天文科学館がなかったら、『子午線のまち』になっていなかったかもしれない。目に見えないものの価値を理解し、可視化した先人は文化度が高かったんだと思います」

■趣味の天文研究で「校歌の中の子午線」調査 吉野健一さん(55)

 “本職”は神戸大学バイオシグナル総合研究センターの助教。タンパク質を質量分析によって解明し、生命現象を捉える研究を続ける。ノーベル医学生理学賞を受けた大隅良典さんと共同研究をしたこともある。

 「子どもの頃から星が好きで、小学校で88星座を全て覚えました」

 1999年に神戸大に着任し、神戸市垂水区に住むようになって、子午線に注目するようになった。研究分野は理系だが、子午線に関しては文化的側面に興味があるという。

 旅行がてら、緯度、経度を測る機器を手に子午線に関わる人工物を訪ね歩く。

 「子午線にちなんだ標識は50以上ありますが、豊岡市但東町の子午線塔は東経135度と全然違う場所にあるんですよ」

 なぜ?

 「以前は正しい位置にあったようです。出石と天橋立を結ぶ県道沿いに。その道は観光バスがたくさん走るんですよ。ここは子午線が通っているんだぞって地元の人がアピールしたかったんです」

 では、なぜずれた?

 「新しいバイパスができて旧道は観光バスが走らなくなった。そこで子午線塔を動かした。地元の人は位置を大きくずらしてでも子午線をアピールしたかったんです」

 実は、子午線のモニュメントは正しい位置からずれているものも多いという。「単なる目印ではなく、誰かに見てほしいから標識を立てる。子午線は誇りなんです」

 吉野さんのおおらかさに触れ、ずれていても大目に見ようという心の余裕が湧いてきた。

明石の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ