明石

  • 印刷
子どもたちと一緒に田植えをする「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」のメンバーら=明石市大久保町大窪
拡大
子どもたちと一緒に田植えをする「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」のメンバーら=明石市大久保町大窪

 11月に明石公園(兵庫県明石市)などで開かれるご当地グルメを通じた町おこしイベント「B-1グランプリ」全国大会に向け、同大会に参加予定の「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」(愛知県豊川市)のメンバー9人が15日、明石市内の水田を訪れ、「あかし玉子焼ひろめ隊」のメンバーらと田植えを行った。

 「-もりあげ隊」と「-ひろめ隊」はともにご当地グルメで地域を盛り上げようと活動する団体で、同大会にも積極的に参加している。「-もりあげ隊」は同大会のホスト地域を訪れて田植えし、収穫できた米を豊川いなり寿司に使う活動をしており、明石は福島県に続いて2カ所目という。

 この日は同市大久保町大窪の水田に豊川、明石の活動メンバーのほか、地元の園児ら計約50人が集合。長靴やはだしで田んぼの中に入り、1列に並んで腰をかがめながら苗を植えた。田植えをしていた約1時間は雨が小休止。泥にまみれながら約370平方メートルを植えた。

 今回の田植えで豊川いなり寿司約1万5千個分の米が収穫できるといい、JAあかしの子会社が管理しながら10月中~下旬に稲刈りをする。

 「-もりあげ隊」理事長の笠原盛泰さん(59)=愛知県豊川市=は「6年前に豊川で全国大会を開催し、明石からも含めて50万人が来てくれた。その恩返しをしたい。明石の米を使った豊川いなり寿司で、11月の全国大会はグランプリを取りたい」と話していた。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 28℃
  • 25℃
  • 60%

  • 32℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 80%

  • 30℃
  • 25℃
  • 60%

お知らせ