明石

  • 印刷
B-1グランプリの全国大会をアピールする泉房穂市長(中央左)ら=明石市役所
拡大
B-1グランプリの全国大会をアピールする泉房穂市長(中央左)ら=明石市役所

 明石公園や兵庫県明石市役所周辺で11月に開かれる「B-1グランプリ」の全国大会に出展する57団体が決まった。北海道から大分までの多彩なご当地グルメが楽しめる。

 同大会は、地域活性化を狙い、全国のまちづくり団体がご当地グルメを通じてふるさとをPRする。

 明石市では2017年に西日本大会が催され、約17万人でにぎわった。全国大会は11回目で、市制施行100周年記念の目玉行事として市が誘致した。県内では2011年の姫路市に続き2回目。

 出展が決まったのは、十和田バラ焼(青森県十和田市)や富士宮やきそば(静岡県富士宮市)、上対馬とんちゃん(長崎県対馬市)などの料理でまちおこしを目指す団体。

 県内からは、地元の「あかし玉子焼ひろめ隊」と加古川市の「うまいでぇ!加古川かつめしの会」が参加する。

 明石市役所(中崎1)で開かれた第2回実行委員会で、実行委員長の柴田達三・明石観光協会会長は「ホスピタリティー(おもてなし)の心を発揮したい」と意気込んだ。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ