明石

  • 印刷
泉房穂市長が住民と直接、意見交換した「タウンミーティング」=魚住市民センター
拡大
泉房穂市長が住民と直接、意見交換した「タウンミーティング」=魚住市民センター

 泉房穂市長が地域ごとに住民と直接、意見交換する「タウンミーティング」が30日、兵庫県明石市魚住町西岡の魚住市民センターで始まった。市政3期目のキーワードを「声を聞く」とした泉市長。地域の課題やまちづくりの注文など、住民から上がった率直な意見に耳を傾け、進める施策への思いなどを語った。

 タウンミーティングは4月、泉市長が市長選に当選後の会見で開催を表明。この日が第1弾で、泉市長によるタウンミーティングは6年ぶり。魚住地区の住民72人が参加した。

 市側は、持続可能な開発目標(SDGs)の理念を反映した市の取り組みや、魚住町長坂寺のため池を埋め立てて整備する運動公園、コミュニティーバスの利便性向上について説明。住民からは「スムーズに公園へ出入りできるよう、国道に信号機の設置を」「たこバスの便数を増やしてほしい」などの声が上がった。

 泉市長は「信号機設置は県に引き続き要望する」「バスの便数を増やすのか、無料利用者を広げるのか、ニーズが多い方を見極めたい」などと回答。「今後も市政への具体的な要望や考えを示してほしい」と話した。(小西隆久)

 今後の日程は次の通り。(いずれも午後2時から)

 7月28日=あかし保健所▽8月24日=西部文化会館▽9月28日=サンライフ明石▽10月27日=パピオスあかし

明石の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ