明石

  • 印刷
明石観光協会の会員向けに創刊した「ひるあみ」=明石観光協会
拡大
明石観光協会の会員向けに創刊した「ひるあみ」=明石観光協会

 兵庫県明石市内の商工業者や旅行会社が加盟する「明石観光協会」(同市東仲ノ町)が初の会報誌「ひるあみ」を創刊した。創刊号は四六判16ページ。明石の魅力を体験できる場所や、市内に残る江戸時代の面影を特集している。

 同協会は明石の観光振興を目的に、流通、サービスなどの事業者、商工会などの団体が入会。会員は協会を通じて情報交換をしているが、会員向けの定期的な情報誌はなかった。

 特集「ハマる!明石体験四幕。」では、体験イベントを提供している市内の事業者を紹介。競り市が見学できる明石浦漁協(岬町)、大漁旗の染織ができる黒川染工場(日富美町)、玉子焼が作れる明石夢工房(花園町)、酒蔵見学と地ウイスキーの試飲ができる江井ヶ嶋酒造(大久保町西島)を取り上げ、見るだけにとどまらない魅力を紹介している。

 もう一つの特集「明石の『江戸』をさがせ。」では、最古の石灯籠「旧波門崎燈籠堂」(港町)、300年前から同じ場所にある「亀の水」(人丸町)など4カ所を解説。明石市在住の画家、須飼秀和さんが描いた江井島の酒蔵の風景を表紙にしている。

 協会の担当者は「何度でも来たくなる情報を載せ、あまり観光ガイドには出ないようなところも紹介していきたい」と話している。

 「ひるあみ」は季刊。明石駅の明石観光案内所などに置いている。無料。

 協会ホームページから全ページのPDFをダウンロードできる。次号は秋を予定。同協会TEL078・918・5080

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(6月2日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 28℃
  • 17℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

  • 31℃
  • 20℃
  • 40%

お知らせ