明石

  • 印刷
海に浮かんではしゃぐ子どもたち=明石市大蔵海岸通1
拡大
海に浮かんではしゃぐ子どもたち=明石市大蔵海岸通1

 梅雨の曇り空が続く13日、大蔵海岸海水浴場(兵庫県明石市大蔵海岸通1)が海開きした。一時は小雨がぱらついたが、約100人の保育園児や保護者らでにぎわった。

 同海水浴場は幅約60メートルの砂浜が約500メートルにわたって広がっている。例年20万人前後が訪れるが、昨年は猛暑と台風の影響で約15万7千人にとどまった。

 海開きでは、神事に続いて朝霧太鼓推進同好会が力強く演奏。午前9時20分の海開き宣言で子どもたちは一斉に波打ち際へ走り、泳いだり水を掛け合ったりして楽しんだ。

 長寿院保育園に通う園児(5)は「友達と一緒に浮かんだ。寒くて水が冷たかったけど、砂はあったかかった。また来たい」と話していた。

 今季は9月1日まで。午前8時半~午後5時半。大蔵海岸公園管理事務所TEL078・914・7255

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ