明石

  • 印刷
今年6月の「トライやる・ウィーク」の活動を報告する作品が並ぶ会場=あかし市民広場
拡大
今年6月の「トライやる・ウィーク」の活動を報告する作品が並ぶ会場=あかし市民広場

 兵庫県明石市内の中学生が職場体験をした「トライやる・ウィーク」の活動をまとめた展示が、明石駅前のあかし市民広場で開かれている。

 「トライやる-」は6月3~7日の5日間に実施。市内約870の事業所が協力し、市立中と特別支援学校に通う2年生約2400人が参加した。

 会場には、活動内容をまとめた作文や、子どもらが生き生きと働く姿をとらえた写真がずらり。新聞風の作品もあり、「意外と大変!保育士の世界」「明石高専 まるで大工さん!?」などの見出しが目を引く。

 大蔵中生は「トライやる短歌」として、仕事の苦労や発見を歌にした。

 「食器洗い ピークの時は滝のよう ひたすらひたすら無心で洗う」「子どもたち 泥んこ遊びでゆずり合い 体は汚れて心はキレイ」など、仕事姿が目に浮かぶ作品が並んでいた。無料。5日正午まで。(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ