明石

  • 印刷
幻想的な天体写真が並ぶ会場=明石市立天文科学館
拡大
幻想的な天体写真が並ぶ会場=明石市立天文科学館

 プラネタリウム映像の制作者でCG作家のKAGAYAさんの作品展が、明石市立天文科学館(兵庫県明石市人丸町)で開かれている。ボリビアやニュージーランドなど世界各地で撮影した幻想的な天体写真22点が並ぶ。

 KAGAYAさんは、埼玉県出身のイラストレーター、CG作家で、プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」などを手掛けたことで有名。世界中に足を運び撮影した天体写真をツイッターで発信しており、フォロワー数は60万人を超えている。

 会場には、ニュージーランド特有の赤いオーロラを撮影した1枚、「世界一きれいな星空」といわれるテカポ湖で撮影した夜空の写真、夕日に照らされたハワイの波が宝石のようにきらめく瞬間を写した写真などがずらりと並ぶ。

 展示は9月8日まで。同館TEL078・919・5000

(勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ