明石

  • 印刷
台風10号の接近を受け積まれた土のう=明石市港町
拡大
台風10号の接近を受け積まれた土のう=明石市港町

 台風10号が15日夕、兵庫県に最接近する見通しになったことを受け、同県明石市内でも「終戦の日」の追悼行事などの中止が14日、相次いで決まった。市の施設も一部、臨時休館となる。

 市内5カ所にある忠魂慰霊塔では15日正午から、戦災犠牲者を悼む行事が取りやめに。明石公園の「明石空襲の碑」でも黙とうが予定されていたが、中止する。

 臨時休館するのは天文科学館、あかし市民図書館、西部図書館、文化博物館、明石海浜プールなど。市は15日午前10時、明石、大観、王子、林、藤江、江井島の各小学校に自主避難所を設置する。

 一方、市などは14日、高潮による浸水を防ぐため、防潮ゲートの閉門など対策を急いだ。防潮堤の未整備箇所は大型の土のうを積み上げた。

 市総合安全対策室は「不要不急の外出を控え、気象や避難情報に注意してほしい」と呼び掛けている。(藤井伸哉、勝浦美香)

明石の最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ