明石

  • 印刷
バリアフリー化事業が決まった林崎松江海岸駅のホーム=明石市南貴崎町
拡大
バリアフリー化事業が決まった林崎松江海岸駅のホーム=明石市南貴崎町

 山陽電鉄の林崎松江海岸駅(兵庫県明石市南貴崎町)が2021年3月までに、バリアフリー化されることが決まった。同駅北東には市の福祉拠点「総合福祉センター」があるが、南側の姫路方面行きホームから段差のないルートを選ぶと、約400メートル遠回りしなければセンターにたどり着けなかった。

 山電によると、同駅利用者は1日あたり約5400人(2017年度)。山電の駅では市内3番目に多いという。

 構内の地下通路を通れば南北の往来ができるが、階段しかない。このため、車いすを利用している障害者や足が不自由な高齢者らが駅の南側から総合福祉センターに向かう場合は、400メートル迂回することを余儀なくされていた。

 近隣住民によると、障害者らの中には、センターと駅を往復する際に迂回が避けられないため、同駅の利用をあきらめ、山陽明石駅や西新町駅からバスやタクシーを使う人もいるという。

 バリアフリー化への要望は強く、山電が国に事業化を要請。今年6月、国が補助金交付を決めた。総事業費は山電と国が各1億円、県と市が各5千万円の計3億円となる。

 改札に近い駅東側に連絡通路として、エレベーター付きの陸橋を架ける方針で、点字の案内板や音声誘導装置も新設する。

 姫路方面行きのホームには、車いす利用者らが使いやすい「多目的トイレ」も設置する。(藤井伸哉)

明石の最新
もっと見る

天気(11月23日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 10%

  • 22℃
  • 13℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ