明石

  • 印刷
ふくやま病院前で開かれた野菜販売(8月4日、同病院提供)
拡大
ふくやま病院前で開かれた野菜販売(8月4日、同病院提供)

 神戸市営地下鉄沿線で野菜の移動販売をしている「八百屋のタケシタ」が8日、山陽電鉄西新町駅前(兵庫県明石市)のふくやま病院前で野菜の販売イベント「西新町の台所」を開催する。

 「八百屋のタケシタ」は神戸市出身の竹下友里絵さん(23)が昨年創業した会社「タベモノガタリ」の屋号。規格外で捨てられる野菜を農家から仕入れ、都市部で移動販売して食品廃棄を減らす取り組みをしている。

 竹下さんと同病院の譜久山剛理事長が知人だったことから病院前での販売が実現し、8月4日にキュウリやナス、タマネギなどを販売した。

 2回目になる今回は旬の「神戸いちじく」、王様トマト、ナス、ヨウサイ、ジャンボピーマンの販売を予定している。竹下さんは「規格、選別の枠をなくし、作り手と買い手の信頼関係を深めたい」と話す。

 午前10時から午後1時まで。10月13日にも同じ時間に販売する。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ