明石

  • 印刷
同級生と記念撮影する上田岳弘さん(左から2人目)=明石市松の内2
拡大
同級生と記念撮影する上田岳弘さん(左から2人目)=明石市松の内2

 兵庫県明石市出身の小説家・上田岳弘さん(40)の芥川賞受賞を祝う同窓会がこのほど、ホテルキャッスルプラザ(明石市松の内2)であった。江井島小と江井島中の同級生ら約45人が集まり、思い出話に花を咲かせた。

 集まったのは1994年に江井島中を卒業した同級生と小中学時代の恩師。上田さんは恩師と思い出を語り合ったり、同級生と写真撮影したりしていた。

 中学時代は野球部に所属していた上田さん。「ユニホームから常にシャツが出ていた」といじられ、会場が笑いに包まれる場面もあった。

 野球部の顧問だった籠谷徹朗さん(70)=同県加古川市=は「自分が正しいと思った事を信じる子で、それが今生きていると思う。うれしい半面、手の届かない存在になり寂しいような感覚もある」と感慨深げだった。上田さんは「最近、小、中学時代の事を思い出す。それだけいい時間を過ごせたからだと思う」と語った。(長沢伸一)

明石の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ