明石

  • 印刷
寄せ植えなど多彩な作品が並ぶ会場=明石公園
拡大
寄せ植えなど多彩な作品が並ぶ会場=明石公園
園芸を学ぶ高校生らも力作を展示している=明石公園
拡大
園芸を学ぶ高校生らも力作を展示している=明石公園

 園芸作品や庭づくりなどを通じて花と緑に親しむ「ひょうごまちなみガーデンショー」(神戸新聞社など後援)が21日、兵庫県明石市の明石公園などで始まった。寄せ植えや箱庭など約470作品が並び、愛好家らが花の競演を楽しんだ。(長沢伸一)

 県や市、園芸団体などでつくる実行委員会が主催。今年は「花と緑で祝う明石城400年」がテーマで、例年より和風の作品が多いという。会場には瓦、石、流木、コケなどを使った箱庭や色とりどりの花を使った鉢植えなど個性的な作品が並び、多くの人が足を止めて見入っていた。

 若い世代に造園や園芸に興味をもってもらおうと、子どもや親子でできる体験コーナーもある。この日も親子連れらが多数訪れ、どんぐりの人形づくりやおもちゃづくりなどを楽しんでいた。

 どんぐりの人形づくりを体験した女児(6)=神戸市西区=は「どんぐりに顔を描くのが面白かった。お花は好きなので楽しい」と笑っていた。

 29日まで。午前10時~午後4時。最終日は午後3時まで。同実行委TEL078・918・2405

明石の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ