明石

  • 印刷
「明石日常生活語辞典」を発刊した方言研究者、橘幸男さん=明石市東仲ノ町
拡大
「明石日常生活語辞典」を発刊した方言研究者、橘幸男さん=明石市東仲ノ町
1万5千項目以上を収めた「明石日常生活語辞典」
拡大
1万5千項目以上を収めた「明石日常生活語辞典」
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県明石市大久保町の西島と江井島で使われてきた日常語を50年以上にわたって記録し、1万5463項目を載せた「明石日常生活語辞典」を、西島在住の方言研究者、橘幸男さん(77)が発刊した。神戸大学時代に研究を始め、高校の国語教諭となってからも地元の話し言葉を丹念に拾い上げてきた作業の集大成だ。(吉本晃司)

 辞典はB5判で800ページを超す大著。

 西島と江井島で使われている言葉について、地域特有の言葉「俚言」、関西で使われる「関西共通語」、全国で使われる「全国共通語」を区別せず、橘さんの祖父母世代(明治生まれ)、父母世代(大正生まれ)、橘さん(昭和生まれ)の話し言葉を収録している。

 今ではあまり聞くことがなくなった「ちゃない(汚い)」「たいぼとく(残しておく、ためておく)」なども収録し、全ての見出し語に用例を付けた。

 辞典の特徴は、(1)俚言と共通語の両方を掲載することで、明石で使われる言葉を可能な限り記録 (2)通常の辞書には載らない地域限定の話し言葉やなまった言葉も取り上げた-ことだ。

 特に動詞や形容詞、形容動詞は、テレビの影響で共通語や外来語に置き換えられてしまうことが多い。

 地面に尻がつくぐらいに座る動作を「つくなむ」と言っていたが、微妙な違いを区別されずに「しゃがむ」になってしまったという。

     ◆

 この辞典のもう一つの貴重な点は、橘さん自身の調査者としての信頼性だ。

 橘さんは1942年に大久保町西島に生まれ、1年半だけ加古川に住んだ以外はずっと江井島に在住。文化庁の方言研究の基準では、地域を3年以上離れると方言の話者としての調査対象から外れるという。

 「多くの人が進学や就職で、戦時中は戦争で3年以上故郷を離れる。方言を研究する人が同じ地域に住み続け、話者としても基準を満たしているのはまれ」という。

 地元言葉の話者として50年以上記録し、辞典を出版できること自体が奇跡に近い。

     ◆

 辞典部分の写真は橘さん撮影のほか、市立文化博物館の資料を掲載。巻末の「文法と活用表」は1965年に橘さんがまとめたものを転載し、現在との比較ができるようにしている。

 巻末の文章「わが郷土」では、江井島の歴史や風物、幼少時代の思い出などを22ページにわたってつづっている。

 厚さ6センチ、本体価格は2万円(税別)。橘さんは「一般の人に買ってもらいにくい。研究者が50年後、100年後に資料として活用する役割の方が大きいと思う。近くの図書館が収蔵し、閲覧してもらえればうれしい」と話す。

 出版は武蔵野書院。限定出版のため書店には並ばない。

     ◇     ◇

■目に見えない民俗文化の記録にも力を 方言研究者・橘幸男さん

 「目に見えるものがなくなると人から惜しまれるが、言葉はそのまま消えてしまう。今使っている言葉も、いずれ消えてしまうかもしれない」

 そう語る姿に言葉への責任感と危機感がにじむ。

 神戸大の学生時代に方言に興味を持った。卒論のテーマは「明石方言の語法」。卒業後、高校の国語教諭になり、加古川東、姫路西、神戸高などで教えた。

 2003年に明石西高の校長で退職。在職中も親族や近隣住民の会話を拾い続け、文化庁の方言調査にも参加した。研究発表や論文、著書は多数ある。

 60、70年代はカードに手書きで記録し、80年代からパソコン入力に変えた。集めた言葉が増えるほど作業は膨大になる。1万5千項目に全て用例を付けているから、書式や体裁を変更するだけで1年以上を要するようになった。

 退職後は甲南大などで教え、まとまった時間が取れるようになったのは70歳を過ぎてから。「奥の細道」の行程を訪ね歩くなど楽しみもできるようになったが、ライフワークの日常生活語辞典は「生きているうちに形にできるだろうか」と思い始めた。

 現実味を帯びる年齢との戦い。「もし刊行できなくても、途中経過を発信すれば利用してもらえる」と10年前からブログを活用してきた。新聞記事や見出しの表記に関する提言は、言葉をなりわいとする者に多くの示唆を与える。

 研究作業は自費。発刊に伴う出費も大きい。「建築のような目に見える文化財に公費を投じるなら、目に見えない民俗文化の記録にも力を注いでほしい」

 辞典の巻末にも書いた行政への願いは、抽象的な価値や意義を大切に、という私たちへのメッセージとも言える。

明石の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 26℃
  • 16℃
  • 10%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

お知らせ