明石

  • 印刷
カラフルな作品が並ぶ会場=市立文化博物館
拡大
カラフルな作品が並ぶ会場=市立文化博物館

 障害がある人の作品を展示する「アートシップ明石」が、明石市立文化博物館(兵庫県明石市上ノ丸2)で開かれている。絵や書道、粘土や段ボールの創作など100点以上が並ぶ。8日まで。

 障害者に作品発表の場を提供し、芸術を通して共生社会をつくろうと、市やNPO法人「明石障がい者地域生活ケアネットワーク」が主催。2013年から毎年開いている。

 個人を中心に募集していたが、より多くの作品を展示したいと、今回は市内や神戸市の事業所に呼び掛けた。会場には、段ボールのギターやロボット、粘土で表現された水族館、明石の祭りを描いた貼り絵などさまざまな作品がある。

 来場した主婦(71)=明石市=は「作品から作者の気持ちを感じる」と話した。

 7日午後1時半から、神戸の社会福祉法人の職員と利用者でつくる道化師パフォーマンスチーム「土曜日の天使達」の公演もある。

 午前10時~午後5時(最終日は午後3時まで)。無料。ケアネットワークTEL078・918・8500

(長沢伸一)

明石の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ