明石

  • 印刷
販売する野菜セットのイメージ写真=明石給食食材提供協会提供
拡大
販売する野菜セットのイメージ写真=明石給食食材提供協会提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛している市民に新鮮な野菜を届けようと、一般社団法人明石給食食材提供協会(事務局・明石卸売市場管理センター)=兵庫県明石市藤江=がドライブスルー方式で野菜販売を始める。学校給食向けなどに出荷されるはずが、新型コロナの影響で行き場を失った野菜を集めてセット販売する。初回は20日から予約を受け付け、5月1日に実施する。(長沢伸一)

 同協会は学校や福祉施設への食材を提供している。臨時休校で学校給食などがストップし、仲卸業者は野菜を抱え込んだ状態になった。

 同協会職員の大崎正孝さん(29)が、人との接触を最小限に抑えられるドライブスルー方式の販売手法に着目。安く市民に野菜を提供できればと発案した。

 タマネギやニンジン、キャベツ、卵などが1セットで3千円(税込み)。毎回100セット用意する予定。商品内容が変わることもあるという。

 管理センターの事務所前に止めた2トントラックを店代わりに、利用客の車の窓から商品の受け渡しや代金を払えるようにする。

 事務局の大崎さんと竹内陽亮さん(25)は「外出で大勢の人との接触を不安視する声を聞く。安心して新鮮な食材を買ってもらえればうれしい」と話す。

 初回分の予約は20~28日に受け付ける(先着順、1人5セットまで)。5月1日の販売時間は午後3~5時。以降は祝祭日を除く毎週火、金曜に販売。予約は火曜分が前週の金曜、金曜分は同じ週の水曜まで。

 原則予約限定販売で、電話やメール、LINE(ライン)で受け付ける。同センターTEL078・918・5591

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

明石の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ