明石

  • 印刷
参拝者の心を癒やしている「疫病封じ」のお守り=明石市二見町東二見、御厨神社
拡大
参拝者の心を癒やしている「疫病封じ」のお守り=明石市二見町東二見、御厨神社

 兵庫県明石市二見町東二見の御厨神社で、「疫病封じ」を願うお守りが人気を呼んでいる。新型コロナウイルスの感染が再び拡大する第2波への警戒が続く中、参拝者の不安を和らげる効果をもたらしているようだ。

 中嶋邦弘宮司(73)によると、5月上旬、疫病よけの妖怪で知られるアマビエのお守りがあるか、参拝者の女性から問い合わせがあったという。代わりに病気平癒のお守りを案内したが、その後も新型コロナ封じのお守りを求める人が相次いだ。

 同神社の祭神は八岐大蛇(やまたのおろち)退治で知られ、疫病よけの神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)。「疫病封じの神を祭る神社として、何かできることをしたい」と新たなお守りを用意することを決めた。

 5月下旬から授与を始めたところ、「知り合いにもあげたい」と4個を求めた参拝者の笑顔が印象に残っているという中嶋宮司。「このお守りで安心する方もいる。新型コロナで不安な気持ちを落ち着かせるのに役立てば」と願っている。1個600円。御厨神社TEL078・942・3461

(長沢伸一)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

明石の最新
もっと見る

天気(8月5日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ