明石

  • 印刷
新型コロナ対策で利用が増える「ビニールカーテン」。火災予防の注意が必要なケースも=明石市内
拡大
新型コロナ対策で利用が増える「ビニールカーテン」。火災予防の注意が必要なケースも=明石市内

 新型コロナウイルスの感染防止対策として、レジカウンターなどに設置されている「ビニールカーテン」について、兵庫県明石市消防局は素材によっては火災につながる恐れがあるとして、取り付け場所や火気の近くで使用しないようにするなど注意を呼び掛けている。

 同消防局によると、透明性の高いビニール製やナイロン製の素材が燃えやすく、火が付くと一気に燃え広がるという。大阪府内の商業施設で4月、客がたばこ売り場のライターを試しに点火したところ、レジ付近のビニールに着火した事例が発生している。

 さらに天井からつり下げて取り付けた場合、煙を感知できず、自動火災報知器が作動しなかったり、スプリンクラーの散水に支障をきたしたりする恐れもある。

 同消防局予防課は、ビニールカーテンをこんろや白熱灯の近くに設置しないようにするほか、燃えにくい素材を選び、消防用設備や避難時の支障にならないようにするなど使用時の注意を呼び掛ける。「利用する事業所などが増えており、設置に悩んだときは相談してほしい」としている。同局予防課TEL078・918・5272

(川崎恵莉子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

明石の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ