明石

  • 印刷
詐欺被害を防ぎ、署長感謝状を贈られた松浦晋也さん(左)、さゆりさん=神戸市西区春日台3
拡大
詐欺被害を防ぎ、署長感謝状を贈られた松浦晋也さん(左)、さゆりさん=神戸市西区春日台3

 コンビニエンスストアを経営する夫婦が、兵庫県明石市と神戸市西区の自店舗で高齢者の架空請求詐欺被害を食い止めたとして、警察署長から感謝状を贈られた。先に神戸の店で起きた詐欺事件をスタッフで共有。明石の店でも客が類似の手口で大金をだまし取られかける事態に遭遇し、機転を利かして被害防止につなげた。

 ファミリーマートかすがプラザ店(神戸市西区)、同魚住四丁目店(明石市魚住町錦が丘4)を経営する松浦晋也さん(55)と妻のさゆりさん(54)。

 警察などによると、5月9日、かすがプラザ店で電子マネーカード3万円分を購入しようとした80代の男性に、不審に思った晋也さんが声を掛け、神戸西署に通報。6月8日に署長感謝状が贈られた。

 翌9日、魚住四丁目店で70代の女性が同カード15万円分を購入。スタッフの声掛けに女性は「大丈夫」と答えたが、電話でカード番号を伝え始めたため、さゆりさんが近くの交番へ通報。被害を未然に防いだ。

 晋也さんの贈呈式後、スタッフの連絡網で「同じことがあったら勇気を出そうねと伝えていた」とさゆりさん。晋也さんは「今後も積極的に声掛けを続けたい」と話した。(長沢伸一)

明石の最新
もっと見る

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ