明石

  • 印刷
「寛政池」で増殖した特定外来生物を駆除する住民ら=明石市大久保町西島、兵庫・水辺ネットワーク提供
拡大
「寛政池」で増殖した特定外来生物を駆除する住民ら=明石市大久保町西島、兵庫・水辺ネットワーク提供
特定外来生物に指定されている「ナガエツルノゲイトウ」
拡大
特定外来生物に指定されている「ナガエツルノゲイトウ」

 兵庫県明石市などのため池で、特定外来生物の水草「ナガエツルノゲイトウ」が増殖し、ため池の管理者や環境保護に取り組む住民が警戒を強めている。在来種の生態系や水田の管理に悪影響を与えかねないといい、同市大久保町西島の寛政池では、地元住民らが駆除作業に乗り出した。(小西隆久)

 東播磨県民局によると、ナガエ-は南アメリカ原産。環境省が2005年、特定外来生物に指定した。切れた茎からも増殖し、池の全面を覆ってしまうほどの強い生命力を持つのが特徴。絶滅の危険が増している水草アサザなどの生育を脅かす。増殖したナガエ-が用水路に詰まるなど、水田管理の面で被害の深刻さも増しているという。

 18年秋、同県稲美町六分一のため池「天満大池」水系の3池で初めて繁殖を確認。今年3月には、明石市の寛政池でも見つかった。河川を通じて神戸市などから流入したとみられる。地元などでは防護ネットを張るなどの対策を採ったが、その後も増え続けていた。

 寛政池の駆除作業には、兵庫・水辺ネットワークのメンバーや地元の水利組合などの計25人が参加。半日がかりでナガエ-やオオフサモといった外来生物を手作業で取り除いた。今後も繁殖しないよう注意深く見守る傍ら、ほかのため池でも観察を続け、繁殖の食い止めを図っていくという。

明石の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ