明石

  • 印刷
ボードゲームを体験できる専門店を開業した中尾孝雄さん=明石市小久保
拡大
ボードゲームを体験できる専門店を開業した中尾孝雄さん=明石市小久保

 盤上でカードやチップなどを使って遊ぶ「ボードゲーム」の人気が高まる中、兵庫県明石市のJR西明石駅前に実際にプレーが楽しめる専門店がオープンした。近年は老若男女に浸透し、新型コロナウイルスの影響で自宅で楽しむ人も増えているという。頭を使って勝敗を競うのはもちろん、子どもや大人を問わず、世代を超えた交流の場としても注目されている。(川崎恵莉子)

 「ボードゲームサロンTKO」(同市小久保)。店主の中尾孝雄さん(43)が脱サラして5月末に開業した。相手の心理を読む対戦型や初心者向けのカードゲームなど、種類や難易度もさまざまな200種類以上のゲームが並ぶ。

 中尾さんによると、ボードゲームは国内外で約2万種類に上る。「子どもから高齢者まで楽しめる上、思考力を育み、認知症の防止にもつながる」とその魅力を語る。

 さらに新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外出を控える動きが広がったこともボードゲーム人気を後押し。家族同士などで遊ぶ機会が増え、玩具店や書店でゲームの売り上げが伸びているという。

 中尾さんは店内に六つのテーブル席を用意。平日は会社帰りのサラリーマン、休日は家族連れやカップルらが卓を囲む。客層は20~40代が中心といい、初心者にルールを教えたり、初対面の人と対戦したりする光景も見られるとか。デジタル全盛の時代だが、直接顔を合わせることで生まれるコミュニケーションを楽しんでいるという。

 中尾さんによると、ボードゲームを体験できる専門店は県内で約15店あり、明石市内は同店が初めて。「中高生を含め、幅広い世代の交流の場になればうれしい」と話している。

 平日午後5~10時。土日曜と祝日は同1時~10時。月曜定休。料金は1時間当たり大人500円、子ども300円。同店TEL078・965・6907

明石の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ