明石

  • 印刷
自分の等身大写真の前で記念撮影する親子=明石市相生町2
拡大
自分の等身大写真の前で記念撮影する親子=明石市相生町2

 身長100センチ前後の子どもたちを等身大で撮影した写真展が23日、兵庫県明石市立勤労福祉会館(相生町2)で始まった。3~6歳の68人が笑顔いっぱいの表情を見せている。

 西明石南町1の阿那写真館が、身長100センチの節目を形にして残そうと3年前から撮影し、写真展を開いている。これまでは100人を並べてきたが、今年は撮影のピークが2~4月だったため新型コロナウイルスでキャンセルが相次ぎ、並んだのは68人になった。

 会場には仲のいい友人でおそろいの服を着た2人や、開催予定だった東京五輪にちなみ柔道着姿の子も。娘(4)を記念撮影していた明石市の男性会社員は「子どもの成長を写真に収められるいい機会になった」と喜んでいた。

 同写真館代表の阿那守男さん(52)は「撮影する私たちも幸せな気分になる。子どもたちの等身大の姿を見て笑顔になって」と話している。

 25日まで。午前10時~午後5時。25日は午後4時まで。無料。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ