明石

  • 印刷
寄贈された作品を広げ、思い出を語る遺族ら=明石市立文化博物館
寄贈された作品を広げ、思い出を語る遺族ら=明石市立文化博物館

 詩や短歌、俳句を自在な筆遣いで表現する「現代詩書」の普及に貢献し、2011年に亡くなった兵庫県明石の書家、村上翔雲さんの作品51点を、遺族が明石市立文化博物館(同市上ノ丸2)に寄贈した。古典的な筆法にとらわれず、分かりやすさや自由な感性を重んじる姿勢で書の研究に生涯をささげた。長女のエリさん(58)=同県西脇市=は「一切の妥協なく、研さんを重ねた書家がいたことを広く知ってもらえたらうれしい」と話している。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ