明石

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 4月に兵庫県明石市で初めての新型コロナウイルスの感染者が確認されてから丸5カ月。1日現在で、感染者は計92人(再陽性者1人含む)に上り、高齢者2人が死亡した。9割以上が軽症者(無症状者を含む)で、入院者は15人となっている。

 市内で初めて感染が確認されたのは4月1日。それ以降、5月上旬までに計20人が感染したが、5月8日~7月8日の62日間、感染者はゼロだった。PCR検査数もこの間は2~37件と低調に推移。0件も7日間あった。市は「緊急事態宣言に伴う行動制限の影響」とみる。

 7月9日に63日ぶりの感染者が確認されて以降、10~30代の若者を中心に陽性者が増加。行動歴に東京や大阪など市外の新型コロナの流行地が含まれており、関連が疑われるという。

 8月は買い物程度でしか外出しない高齢者の感染や、家族・親族感染も目立った。7、8月の感染者は計71人に上り、4、5月の3倍超まで増加。8月20、21、25日の検査数はいずれも100件を超えた。

 市によると、盆休みなどで親族らが集まる機会が増えたことや、ごく身近な生活空間の中でも感染するリスクが高まっているとみられるという。

 直近では、27日を最後に感染は確認されておらず、1日まで5日連続で感染者はゼロ。市は「全国的な傾向と同じで落ち着いてきてはいるが、これまで通り、感染予防を徹底することが大事」と注意を呼び掛ける。(小西隆久)

明石の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ