明石

  • 印刷
強風で白波が立つ明石海峡。海岸には流木やごみが打ち上げられていた=明石市大蔵海岸通
拡大
強風で白波が立つ明石海峡。海岸には流木やごみが打ち上げられていた=明石市大蔵海岸通
運転見合わせを告げる掲示や電光掲示板に見入る利用客=山陽明石駅
拡大
運転見合わせを告げる掲示や電光掲示板に見入る利用客=山陽明石駅

 たたきつける雨、じっと立っていられないほどの強風-。台風10号が九州西岸を北上したのに伴い、兵庫県明石市では暴風・波浪警報が7日未明に発令された。鉄道のダイヤが乱れ、通勤者らの足を直撃したほか、市内の学校園は臨時休校となり、大荒れの一日となった。(長沢伸一)

 山陽電鉄は午前7時半ごろから午後2時半ごろまで、東二見-高砂間で運転を見合わせた。山電によると、東二見駅や加古川橋りょう上など4地点の風速計が断続的に風速20メートルを超えたため、上下線計122本が同区間での運転を取りやめた。影響人員は約2万6500人に上った。

 本州四国連絡高速道路会社によると、明石海峡大橋は風速が20メートルを超えたため、正午から午後3時半まで上下線ともに通行止めになった。

 明石市立の小中高校と特別支援学校、幼稚園、こども園では午前9時までに警報が解除されなかったため、全71校園が臨時休校となった。

 市内では午前9時半に最大瞬間風速27・9メートルを計測。横殴りの雨が降り続いた午前の出勤時間帯の主要駅では、駅構内から空を見上げ、風雨が弱まるのを待つ大勢の人の姿が見られた。

明石の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ