明石

  • 印刷
明石ゆかりの陶器も並んだ焼き物展=明石市上ノ丸2
拡大
明石ゆかりの陶器も並んだ焼き物展=明石市上ノ丸2

 兵庫県明石市内の陶磁器愛好家が集めた焼き物と、現代の陶芸家が制作した作品が明石市立文化博物館(明石市上ノ丸2)で展示されている。茶器や小皿、とっくりなど計44点が並ぶ。

 日本陶磁協会明石後援会の会員が収集した皿やとっくり、茶器などを「私の好きなやきもの展」として定期的に公開しており、今回が6回目。明石ゆかりの朝霧焼や舞子焼、県内各地の陶器のほか、中国の明時代の磁器、明石で修業した陶工の作品も並ぶ。

 江戸時代後期の出石焼の「染付(そめつけ)すすき文盃(もんさかずき)」は染付でススキとトンボが描かれ秋の風情を感じさせる。昭和に制作された明石焼のとっくりは、松、船、白い波が彩られ、明石の海をしのばせる。出品した会員は「生活の中で使われた陶磁器の魅力を知って」と話している。

 25日まで。午前9時半~午後5時。25日は午後3時まで。無料。(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ