明石

  • 印刷
色彩豊かな寄せ植え作品が並ぶ西芝生広場=明石公園
拡大
色彩豊かな寄せ植え作品が並ぶ西芝生広場=明石公園

 創造性あふれる園芸作品を通して緑豊かなまちづくりへの機運を高める「ひょうごまちなみガーデンショー」(神戸新聞社など後援)が20日、明石公園(兵庫県明石市)を主会場に始まった。秋の植物を使った寄せ植えや県内の高校生が手掛けた箱庭など約440点が並び、多くの人が足を止めて花と緑に親しんだ。(長沢伸一)

 県園芸・公園協会などでつくる実行委員会が主催で28回目。神戸市から明石市へ会場を移し、14回目を数える。

 同公園の西芝生広場では、県内の園芸愛好家が寄せ植えや壁掛け型の「ハンギングバスケット」など375点を出品。芝生の緑に映える黄色のマリーゴールドや真っ赤なケイトウを使った色鮮やかな作品など、個性豊かな力作がずらり。広場にはコケ玉やリースづくり、花苗販売所のブースがあり、親子連れらが楽しんでいた。

 同公園入り口には、高校生や園芸グループが制作したオリジナルの庭約20点を展示。枯山水の日本庭園を模した庭を、じっくりと眺めている人の姿もあった。

 寄せ植え作品を出展した女性(59)=明石市=は「青色の鉢と天使の像を使って、新型コロナ対策の最前線に立つ医療従事者への感謝を作品に込めた」と話していた。

 27日まで。午前10時~午後4時(最終日は午後3時まで)。同実行委TEL078・918・2405

明石の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ