明石

  • 印刷
コンビニ利用客の特殊詐欺被害を防ぎ、署長感謝状を贈られた明石市内の3店舗の関係者=明石署
拡大
コンビニ利用客の特殊詐欺被害を防ぎ、署長感謝状を贈られた明石市内の3店舗の関係者=明石署

 コンビニで電子マネーを購入しようとした高齢客の詐欺被害を防いだとして、兵庫県警明石署はこのほど、同県明石市のコンビニ1店と店員ら2人に署長感謝状を贈った。

 表彰されたのは、ファミリーマート明石東二見店の店員山崎黎さん(26)▽セブン-イレブンハートインJR大久保駅北口店(同市大久保町駅前1)の店長二宮史考さん(41)▽セブン-イレブン明石荷山町店。

 同署によると、今回の対象となった3件は8月28日~9月3日に発生。山崎さんは「2億円の抽選に当たった」と18万円分の電子マネーを買おうとした60代男性を説得し、警察に通報した。男性は同店で複数回、電子マネーを購入。既に約70万円をだまし取られていたという。「来店のたびに尋ねていたが、もっと早く止められる機会はあった。声掛けの線引きがあればいいと思う」と話した。

 「年配の方が高額な電子マネーを買われるので声を掛けた」と振り返るのは二宮さん。60代女性の3万円の被害を食い止めた。

 セブン明石荷山町店オーナー浜田裕介さん(37)、妻で店長の遥さん(31)は70代女性の30万円の被害を防いだ。2人は「来店時、焦った様子で空気が違った。詐欺と知った女性にありがとうと言われ、ほっとした」と語った。(長沢伸一)

明石の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ