明石

  • 印刷
「何でも相談を」と声を掛けながら育児用品を手渡す「おむつ定期便」の配達員=明石市
拡大
「何でも相談を」と声を掛けながら育児用品を手渡す「おむつ定期便」の配達員=明石市

 0歳児のいる家庭に育児用品を宅配する兵庫県明石市の見守り訪問事業「おむつ定期便」が1日、スタートした。子育て経験のある配達員が1軒ずつ手渡しして回り、困りごとの相談に応じるなど新米ママらの支援につなげていく。

 市が本年度から新たに始めた取り組み。赤ちゃんを育てる保護者に直接会い、毎月3千円相当のおむつなどを無償で提供。同時に声掛けなどによって育児ストレスの軽減を図り、母子の健康状態、虐待の有無も確認する。事業は生活協同組合コープこうべに委託し、事前に研修を受けた配達員8人が届ける。

 初日は3軒を訪問。3人の子どもがいる配達員の女性(49)は、長女が生まれたばかりの女性(29)=明石市=宅で紙おむつを手渡し、「夜泣きは大丈夫ですか。毎月来るので、何か困ったことがあれば何でも相談を」と会話を交わした。

 女性は「小さい子どもがいると外出しづらく、配達はありがたい。経済的にも助かるし、家族以外の人が気に掛けてくれるのはうれしい」と語った。

 市によると、4月1日以降に生まれた0歳児が対象で、本年度は2160人。里帰り先など自宅以外の場所は配達できない。出生届提出から約1カ月後に申請書やカタログを郵送。赤ちゃん用品が生後3カ月から1歳の誕生月まで毎月届けられる。(長沢伸一)

明石の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 20℃
  • 11℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ