明石

  • 印刷
在宅介護支援金などが支給される市の「認知症あんしんプロジェクト」をPRするポスターやブックカバー=明石市役所
拡大
在宅介護支援金などが支給される市の「認知症あんしんプロジェクト」をPRするポスターやブックカバー=明石市役所

 認知症と診断された高齢者と介護する家族を支える兵庫県明石市の「認知症あんしんプロジェクト」で、在宅で暮らし、介護保険で要支援・要介護の認定を受けている人に支援金1万円を支給するため、市は15日から申請書類の発送を始める。ポスターやブックカバーを作製し、保健師や社会福祉士らが対応する「認知症相談ダイヤル」と合わせて事業をPRする。

 同プロジェクトは、新型コロナウイルス感染症の影響で外出が難しくなる中、認知症の高齢者や家族が社会から孤立しないように市が新たに取り組む事業。

 支援金は市内の約1万3千人が対象。さらに認知症と診断されている約6千人には2万円を上乗せして交付する。

 相談ダイヤル(TEL078・926・2200)は、平日午前8時55分~午後5時40分。ファクス(078・924・9114)でも受け付ける。

 同プロジェクトでは、かかりつけ医などが分かるオレンジ手帳を発行(来年1月から配布予定)。1泊2日のショートステイや弁当の無料配布などが受けられるサポート券(同)も提供する。新たに認知症の診断が下りたケースでも交付金などを申請できる。市高齢者総合支援室TEL078・918・5288

(小西隆久)

明石の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ