明石

  • 印刷
ため池で餌を探すコウノトリ=明石市大久保町西脇
拡大
ため池で餌を探すコウノトリ=明石市大久保町西脇

 国の特別天然記念物コウノトリ2羽が14日、兵庫県明石市大久保町西脇の皿池に飛来した。県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、識別用の足輪から2歳の雄と雌で、仲良く餌をついばむ様子を住民が見守った。

 同園によると、雄は福井県越前市、雌は島根県雲南市の生まれ。9月23日と今月7日に稲美町、10月13日に明石市二見町のため池でも目撃されていた。同園は「冬から繁殖準備に入る。一緒に行動しているのでペアになる可能性が高い」としている。

 水が抜かれたため池にはアオサギやダイサギ約50羽も集まり、一緒に餌を探していた。近所に住む男性(69)は「このため池でコウノトリを見るのは初めて。例年より水が少なく、餌を見つけやすいのかも」と興奮した様子だった。

 東播磨県民局によると、2019年度は東播磨に最多の26羽が飛来。明石では二見町や大久保町など10カ所のため池で3羽が目撃された。(川崎恵莉子)

明石の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ