明石

  • 印刷
1枚ごとに異なる手描きのイラストが添えられた御厨神社の御朱印=明石市二見町東二見
拡大
1枚ごとに異なる手描きのイラストが添えられた御厨神社の御朱印=明石市二見町東二見

 神社や寺を参拝した証しとして社寺から授けられる「御朱印」。兵庫県明石市二見町東二見の御厨神社では水彩などで描いたワンポイントの絵があしらわれ、参詣者から「愛らしい」などと話題になっている。

 御朱印は、持参した朱印帳に押印とともに社寺の名前や参拝日を墨書してもらうのが一般的。写経を奉納した際の証明として授与される「納経印」が起源とされる。近年は社寺巡りとセットで御朱印集めがブームに。会員制交流サイト(SNS)で公開し、人気を得る参拝者も増えている。

 御厨神社では今春まで筆書きと印影だけの一般的な御朱印だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛要請が解除された6月、手伝いの50代女性が「絵を見て、気持ちが少しでも明るくなってもらえれば」とアマビエや雷神、メジロ、タコなどのイラストを添え始めた。

 最近はSNSの効果もあってか、週末には1日30枚を授けることも。女性の参拝者が増えた印象という。

 朱印帳を持たない人には、300円を納めれば筆書きと印を押した御朱印1枚を渡している。

 中嶋邦弘宮司は「気に入った御朱印を選んで、神社に愛着を持ってもらえたらうれしい」と話している。同神社TEL078・942・3461

(吉本晃司)

明石の最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ