明石

  • 印刷
男子明石高専の2区二井智央選手(右)にたすきをつなぐ1区山本雄大選手=西脇市総合市民センター
拡大
男子明石高専の2区二井智央選手(右)にたすきをつなぐ1区山本雄大選手=西脇市総合市民センター
女子明石城西の2区中山春菜選手(右)にたすきをつなぐ1区山下佳子選手=西脇市総合市民センター
拡大
女子明石城西の2区中山春菜選手(右)にたすきをつなぐ1区山下佳子選手=西脇市総合市民センター

 兵庫県高校駅伝競走大会東播地区予選会(神戸新聞社など後援)が24日、同県西脇市内で開かれた。同市総合市民センター(同市西脇)を発着、中継点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコース。男子は明石高専が7位に入賞し、11月8日に丹波篠山市で開かれる県大会への初出場を決めた。女子は、明石城西が8位となった。(杉山雅崇)

■男子・明石高専 エース山本選手、1区7位の快走

 初の県大会への切符を手にした男子の明石高専。今年から、新たに学校周辺の練習コースを四つ設定した。坂道の多い難路での鍛錬を重ね、タイムを改善していった。

 エースとして、1区を託された山本雄大選手(2年)。後半までペースを落とさず7位でたすきをつなぎ、県大会出場へのきっかけをつくった。山本選手は「篠山でも与えられた役目を果たす」と意気込んだ。

 沿道から見守った欅田壮人主将は「このメンバーなら県大会へ行ける自信があった。目標がかなってうれしい」と笑顔を見せた。

■女子・明石城西 日置主将が力走、順位一つ上げる

 女子の明石城西は8位となった。5人の出場メンバーのうち、空(そら)綾乃選手(3区)と城崎真鈴乃(まりの)選手(4区)は短距離が専門の1年生。予選会までに2回しか駅伝形式の練習はできなかったが、与えられた仕事をしっかりと果たした。

 健闘を見せたのが、アンカーを務めた日置陽生(ひな)主将(2年)だ。区間6位の熱走で順位を一つ上げた。日置主将は「上位に入賞できず悔しい気持ちはあるが、部員一丸となって走ることができた」と振り返り、「この経験を胸に、来年に向けた練習を重ねていきたい」と話していた。

■各地区の予選成績はこちら(※成績は会員向け有料)

明石の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ