明石

  • 印刷
大阪(阪神)タイガース在籍時の大津淳さん(サインは大津さんの直筆)=長男の光広さん提供
拡大
大阪(阪神)タイガース在籍時の大津淳さん(サインは大津さんの直筆)=長男の光広さん提供
現役時代に使っていたバットやグローブ、帽子=長男の光広さん提供
拡大
現役時代に使っていたバットやグローブ、帽子=長男の光広さん提供
引退後の大津さん
拡大
引退後の大津さん

 明石高校(旧制明石中学)の卒業生で、プロ野球・阪神タイガースで活躍した大津淳(おおつ・あつし)さん=兵庫県明石市=が13日、明石市内の病院で亡くなった。88歳。明石高時代に戦後初の選抜大会に出場し、ノンプロを経て入団したプロ野球では勝負強い打撃で活躍。オールスター選手にも選ばれた。明石からはばたいた「スラッガー」の足跡をたどった。(長沢伸一)

 大津さんは1932(昭和7)年、明石市太寺生まれ。47(同22)年、甲子園で戦後初めて開かれた選抜野球大会に出場し、優勝した徳島商に惜敗。強肩強打の捕手で「明石中に大津あり」と話題を集めた。当時の監督は、中京商との延長25回の熱戦を繰り広げた故・横内明さんだった。

 同じく明石高野球部だった神戸弘陵高校元監督の高木太三朗さん(88)=神戸市西区=は「高校、大学と一緒に野球に打ち込んだ仲間。体格がよくパワフルな人だった」と突然の訃報を聞き、当時の部員名簿に目を落とした。

 明石高の同級生だった松本ヤスさん(89)=明石市=は20年ほど前、大津さんが同窓会の役員会に花束を持って来てくれたことをよく覚えているという。

 「在学中から面白い人と評判で、いつも彼の周りには人の輪ができていた」と振り返る。3年前に電話で「来年は米寿になる年。明石にいる人だけでも集まろう」と話したのが最後といい「もう一度クラス会で会いたかった」。

 高校卒業後は関西大を経て、日本生命でアマチュア球界屈指の強打者として名をはせ、56年に大阪タイガース(現・阪神)に入団。その年の開幕戦、藤村富美男監督に「5番・ライト」の先発メンバーに抜てきされた。監督の期待に応えてプロ1号のホームランを含む3安打の活躍でデビュー戦を飾った。

 56、58年にはオールスターゲームにも出場。59年、プロ野球初の天覧試合で先発出場し、巨人の長嶋茂雄さんが故・村山実投手からレフトスタンドに放ったポール際のサヨナラホームランを間近で見送った。

 現在でもファンの間で、その打球がホームランかファウルかとの論争があるが、大津さんは生前「村山君の名誉があるからよう言わんわ」と関大の後輩をかばい沈黙を貫いた。

 長男の光広さん(54)によると、プロ2年目の広島戦で左膝の半月板を損傷。以降は思うようなプレーができなくなり、6年で現役を退いた。

 引退後は球団のフロント入り。初めての日本一を達成した85年には営業部長を務めていた。悲願達成の瞬間は、西宮市の自宅でテレビの前から見守り「俺らは裏方やから」と常に選手を立てた。

 退職後の95年、阪神・淡路大震災で自宅が全壊。明石市に戻ってからは趣味のゴルフにいそしんだ。練習場で阪神ファンに声をかけられると「覚えてもらえてたんやなあ」と家族にうれしそうに話したという。

 球場から遠ざかっても自分が着けた背番号「19」番への思い入れは強かった。その番号を背負う藤浪晋太郎投手には「日本のエースになれる」と常に期待を寄せていた。

 今年の夏、大津さんが現役時代に作られた古いメンコが送られてきた。若い阪神ファンから「阪神の歴史を調べる中ですごい選手がいたと知りました」とサインを求められ、大津さんは丁寧にサインして送り返したという。

 阪神OB会でも若いファンからサインを頼まれると「僕みたいなじいさんでいいんか」と笑顔で応じ、いつも掛布雅之さんや大野久さんなどたくさんの後輩たちに囲まれた。

 「父はよく『明石で育ててもらい、明石の人のおかげで楽しい野球人生を送ることができた』と感謝していた」と光広さん。多くのファンを魅了した気遣いの野球人が旅立った。

■阪神時代チームメート・小山正明さん(86)

 初めて会ったのは大津さんがタイガースに入団した1956(昭和31)年。甲子園でナイターが始まった年だったな。59試合に登板し17勝。僕にとっても一本立ちした年だった。

 思い出深いのはシーズン前の紅白戦で対戦した時のこと。大津さんは鳴り物入りで入った注目のバッター。こっちは最初の3年間で5、11、7勝しかできず余裕はなかった。

 最後に投げたアウトコース低めのストレートで、大津さんを見逃し三振にとった。一塁を守っていた渡辺博之さんに「おまえ、あほか。注目のバッターなんやから打たさんかい」と怒られたけど、その後の僕の活躍のきっかけとなった印象深い1球だった。

 大津さんは、打率はそんなに高くなかったが、チャンスに強いバッター。ここで1本ほしいという時に打ってくれる頼りになる打者だった。昨年は相棒の山本てっちゃん(山本哲也捕手)、今回は大津さん…。一緒に汗を流した人が旅立っていくのは寂しいよね。(聞き手・長沢伸一)

明石
明石の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ