明石

  • 印刷
温かい食事を楽しむ高齢者=明石市大久保町高丘
拡大
温かい食事を楽しむ高齢者=明石市大久保町高丘

 兵庫県明石市大久保町高丘地区のボランティアグループ「高丘まないたお食事会」が、新型コロナウイルスの影響で休止していた交流会を11月から再開した。地域の高齢者らが温かいご飯を囲んで会話を楽しみ、親睦を深めている。

 同会は1992年の結成。地元の主婦ら46人のメンバーが毎月1回、事前に登録した高齢者世帯や1人暮らしのお年寄りを招き、昼食会を開いてきた。

 今年は新型コロナで3月から食事の提供は休止。代わりに登録者の自宅を訪問して手作りマスクを配布したり、声掛けをしたりして見守り活動を続けてきた。

 食事会は11月19日から再開。感染予防対策の一環で1回当たりの人数を減らし、月2回の開催に変更した。食事後の恒例だった歌の時間は中止にした。

 26日の食事会にも男女18人が参加。「元気でしたか」と久しぶりの交流を喜び、用意されたおにぎりと豚汁をおいしそうに頬張った。近くに住む女性(86)は「食事会には毎回来ていて再開を待っていた。ここで食べるご飯は温かくておいしい」。代表の牧山榮子さん(80)は「外に出る機会がないと聞いていたので、喜んでもらえるとメンバーのモチベーションの維持にもつながる」と話した。(長沢伸一)

【マップ】目で見る兵庫県内の感染状況

明石
明石の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ