明石

  • 印刷
小雨を受けて輝くロウバイ=明石市人丸町
拡大
小雨を受けて輝くロウバイ=明石市人丸町

 明石海峡大橋を望む柿本神社(兵庫県明石市人丸町)の拝殿前で、ロウバイが咲き始めている。鮮やかな黄色の花が次々とほころび、春の訪れを感じさせる甘い香りが境内に漂っている。

 ロウバイは中国原産の落葉低木。「臘(ろう)月」と呼ばれる旧暦の12月に咲くことからその名がついたという。同神社には50年以上前に拝殿前に植えられ、5本が育っている。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、同神社は分散参拝を呼び掛けている。訪れた参拝者はマスクを外して香りを楽しんでいるという。岩林誠宮司(73)は「こんな状況でも例年と変わりなく、きれいに咲いてくれた。参拝者に少しでも元気になってもらえたら」と話す。

 現在は五分咲き。月末に満開となり、2月初旬まで見ごろが続く。柿本神社TEL078・911・3930

(長沢伸一)

明石
明石の最新
もっと見る

天気(3月8日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ