明石

  • 印刷
練習に励む「明石中央児童合唱団」の団員ら=明石市山下町
練習に励む「明石中央児童合唱団」の団員ら=明石市山下町

 兵庫県明石市内の小中学生らでつくる「明石中央児童合唱団」の団員が減り続け、活動の縮小が危ぶまれる。1969(昭和44)年の明石市制50周年で舞台デビューし、ピーク時には約60人だったが、現在は4分の1ほどに。背景には塾や習い事など子どもの生活の多様化がある。指導者は「子どもの成長の場を守りたい」と新たに団員を募集する。

 同合唱団は68(同43)年、市が県から「音楽の町」に指定されたことをきっかけに発足。72年には市民会館で初の発表会を開き、ハンガリー少年少女合唱団との交流コンサートや県児童合唱祭など数多くの舞台に出演してきた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

明石
明石の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ