明石

  • 印刷
2年ぶりの開催に力作が並ぶ土曜会の作品展=明石市相生町2
拡大
2年ぶりの開催に力作が並ぶ土曜会の作品展=明石市相生町2

 サンライフ明石(兵庫県明石市西明石南町3)で活動する絵画サークル「土曜会」の作品展が21日、勤労福祉会館(同市相生町2)で始まった。油彩や水彩、パステル画など36点を展示している。26日まで。

 同教室は洋画家の南俊宏さん(84)=同市=が20年以上にわたり指導。現在は50~70代を中心に約10人が研さんを積む。新型コロナウイルスの影響で作品展の開催は2年ぶり。

 風景や人物画、心の中に浮かんだ世界を表現した心象絵画など多彩な作品がずらり。西谷高史さんの「YOSINO」は、パステルで春の吉野山(奈良県)を描いた。咲き誇るサクラから春の陽気が伝わる。南さんはため池の対岸に広がる集落の風景を題材に、夕方の静寂のひとときを光の微妙な色調で表した。

 南さんは「絵が純粋に好きな人たちの集まり。見る人にも、純粋な気持ちで楽しんでほしい」と語った。

 午前10時から午後5時(最終日は午後4時まで)。(有冨晴貴)

明石
明石の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ