明石

  • 印刷
ドローン操作を体験する入園者=明石市中崎1
拡大
ドローン操作を体験する入園者=明石市中崎1

 明石港東外港地区(兵庫県明石市中崎1)の砂利揚げ場跡地に25日、ドローン操作や車中泊が楽しめる屋外型の遊び場「明石ウォーターフロントパーク GRAVA(グラバ)」が開業した。予定していたオープニング式典や食品・雑貨の販売会を取りやめるなど新型コロナウイルス感染拡大による逆風下での滑り出しとなったものの、これまで一般市民になじみのなかった海沿いの一帯が親水エリアへ生まれ変わった。(長尾亮太)

 市役所西側に広がる一画で、来年秋に全国海づくり大会の会場として利用した後、兵庫県が再開発を計画している。グラバは市内の経営者らでつくる会社CBPが、来年夏までの期間限定で運営する。

 ドローンパークはネットで囲われた大小のコート3面を備え、貸し出し用ドローンで操作を体験したり、自前の機体を持参して練習したりできる。家族と一緒に訪れた西宮市の中学1年の男子生徒(12)は「これまでは家の中で飛ばしていたけれど、屋外で伸び伸びと操作できて楽しかった」と声を弾ませた。

 RVパークは、乗り付けた車の隣でバーベキューができるほか、車中泊も可能なので市内観光の拠点としても利用できる。市内で唯一とみられるドッグランもある。

 CBPの藤井良幸代表は「海沿いエリアのにぎわいづくりに一役買いたい」と力を込める。

明石
明石の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ