明石

  • 印刷
ずらりと並ぶ陰影の鮮やかな切り絵=明石市東仲ノ町
拡大
ずらりと並ぶ陰影の鮮やかな切り絵=明石市東仲ノ町

 百人一首から読み取った情景などがテーマの「yoko切り絵展」が、アスピア明石(兵庫県明石市東仲ノ町)3階、スマイルギャラリーで開かれている。切り絵作家yoko(本名・石本洋子)さん(57)=同市=が陰影豊かに映し出す和歌の世界観が楽しめる。

 百人一首を題材にした作品は11点。在原業平の歌を題材にした「ちはやふる」では、落ちた紅葉で真っ赤に染まる竜田川に業平の心情を投影させ、業平が恋い焦がれたという女性も登場させた。見る角度を変えることで切り絵の影が何通りもの影絵に変化する。

 百人一首と切り絵を組み合わせようと考えたきっかけについて、yokoさんは「着物のような和柄が好きで、1枚の絵の中に物語性を持たせるのに百人一首があてはまったんです」と語る。

 偉人の名言や植物、アスリートを題材にした作品も含め、31点が並ぶ。25日まで。午前10時~午後8時(11日まで午後6時)。入場無料。(有冨晴貴)

明石
明石の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ