明石

  • 印刷
オンラインを通して保護者に配信された授業の様子=明石市山下町
拡大
オンラインを通して保護者に配信された授業の様子=明石市山下町

 新型コロナウイルスの影響で学校行事の見直しが相次ぐ中、兵庫県明石市立明石小学校(同市山下町)は、オンラインでの授業参観に取り組んでいる。学校側はビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を活用して授業の様子を生配信。保護者は自宅などから画面越しに勉強に取り組むわが子らの姿を見守ることができる。市教育委員会によると、授業参観の代替としてオンライン参観を導入するのは市内では珍しい試みという。

 新型コロナの感染拡大に伴い、同校では昨年から保護者が来校する授業参観やオープンスクールが軒並み中止に。中には授業を見たことがないという保護者もおり、教員からの提案でオンラインでの公開を決めた。

 今春から小中学生に1人1台のデジタル端末を配備する「GIGAスクール構想」が始まり、学校にインターネット環境が整ったことも後押しした。

 初のオンライン参観となった18日は4年生の3クラスで授業が行われ、教室後方のロッカーの上にカメラ代わりのタブレット端末を、教壇側の黒板付近にマイクを設置。児童がプリントに書き込んだり、手を上げて発表したりする様子を生中継し、保護者約60人が自宅のパソコンやスマートフォンを通して視聴した。26日までに全学年で順次実施する予定という。

 途中で画面が映らなくなるなどのトラブルもあり、後日のアンケートも参考に改善を図る。長井佐智夫校長(58)は「コロナ禍で制限は多いが、少しでも保護者に学校生活の様子を知ってもらえる機会にしたい」と話した。(川崎恵莉子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ