明石

  • 印刷
息の合った演奏を披露する教室生ら=明石市魚住町中尾
拡大
息の合った演奏を披露する教室生ら=明石市魚住町中尾

 兵庫県内のオカリナ愛好家がステージに立つ「明石オカリナフェスティバル」(神戸新聞社後援)が23日、明石市魚住町中尾の西部市民会館であった。初心者からベテランまで60人が奏でる伸びやかな音色に、観客約80人が聞き入った。

 市内でオカリナ教室を主宰する講師でつくる実行委員会が主催。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となったため、演奏会は2019年以来2回目となる。

 この日は明石、加古川市など播磨地域を中心に活動する個人や団体16組が出演。「見上げてごらん夜の星を」「瑠璃色の地球」といった幅広い世代に親しまれる曲を重奏で披露し、息の合ったハーモニーを響かせていた。

 同実行委代表の小田正子さん(71)=同市=は「オカリナの音色は心に響く。演奏会をきっかけにより多くの人に魅力を広めていきたい」と話した。(川崎恵莉子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ