明石

  • 印刷
三好正文シニアアドバイザーの質問に手を挙げる児童たち=明石市中崎1
拡大
三好正文シニアアドバイザーの質問に手を挙げる児童たち=明石市中崎1

 新聞作りのポイントを学ぶ授業が8日、兵庫県明石市中崎1の中崎小学校であった。4年生53人が神戸新聞NIX推進部の三好正文シニアアドバイザーから、取材の仕方や記事の書き方、レイアウトの方法などを教わった。

 取材について、授業ではニュースの基本の5W1Hや、「多くの『なぜ』を考えよう」とアドバイス。記事の書き方では、一番伝えたいことから書く「逆三角形」を意識し、見出しは10字程度で簡潔に表現するように強調した。

 児童はレイアウトについても、見出し、写真、記事の順に配置を考え、見出しは記事にくっつけることなどを学んだ。ラグビー選手のインタビューなど実例をもとに、限られた時間内で話を聞く方法や、伝わりやすい見出しの付け方も考えた。

 男子児童は「5W1Hや逆三角形を大事にしながら記事を書きたい」と話していた。

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ