明石

  • 印刷
明石市役所=明石市中崎1
拡大
明石市役所=明石市中崎1

 兵庫県明石市は16日、神戸西バイパスの延伸工事で出る土砂をめぐり、事業主体の西日本高速道路会社(大阪市)が同市に求めていた土砂受け入れの提案を取り下げたことを明らかにした。市が想定する行政手続きの完了時期が、同社が立てた土砂運び込みのスケジュールに間に合わないのが理由という。

 同日開かれた市議会定例会の一般質問で、市幹部が答弁した。

 市によると、同社が2020年に市へ提案した当初は、土砂運び込みを始める時期を22年度中としていた。受け入れを検討していた大久保町北部の遊休地内には民有地が点在しているため、市は地権者全員の同意を得たり、環境や埋蔵文化財について調査したりする作業を22年度中に済ませる計画を立てた。

 ところが同社は今年4月、土砂の運び込みを22年4月に始める必要があるとの意向を提示。市の計画では土砂運び込みの時期に不確定な要素が多く、リスクが大きいとして、同社は提案を取り下げたという。

 市によると、土砂運び込みはなくなったが、同社は今後、神戸西バイパス延伸に必要となる側道の整備や公園墓地橋の架け替えを行う。この橋の架け替えに伴い必要となる迂回(うかい)路も整備し、その後は市道として供用する予定という。

 横田秀示政策局長は「道路アクセスの向上が見込まれ、遊休地の利活用の可能性が広がる。課題も整理しながら幅広く調査、検討する」と述べた。(長尾亮太)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ