明石

  • 印刷
表現方法に工夫を凝らした作品が並ぶ絵画展=明石市松の内2
拡大
表現方法に工夫を凝らした作品が並ぶ絵画展=明石市松の内2

 兵庫県明石市魚住町金ケ崎の絵画同好会「アトリエ駒草」が、ホテルキャッスルプラザ(同市松の内2)で「花音展」を開いている。60~80代の会員9人が、水彩画21点を展示している。

 同展は今年で14回目。この1年で描いた季節の植物や風景画、抽象絵画などを並べた。

 宍粟市の原不動滝に架かるつり橋を描いた絵は、不安げに渡る子どもの表情が印象的。一輪のジャーマンアイリスを題材にした作品は、紫色の濃淡と凹凸で複雑な模様が背景に描かれる。水彩絵の具が乾く前に塩をまぶし、結晶させたという。

 塗った絵の具にひびを入れる、クラッキングの技法を駆使した模様と、何度も重ね塗りした色の美しさを追求したという抽象画も目を引く。31日まで。無料。(有冨晴貴)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ