明石

  • 印刷
生徒が教師役となって授業を行った朝霧中のトライやる・ウィーク=明石市大蔵谷奥
拡大
生徒が教師役となって授業を行った朝霧中のトライやる・ウィーク=明石市大蔵谷奥

 兵庫県明石市で2日目を迎えた「トライやる・ウィーク」で、朝霧中学校(同市大蔵谷奥)の2年生169人が9日、先生役となってクラスメートに授業を行った。

 同校では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事業所などに出向いて就業体験をする例年の活動を変更。代わりに職業として教師の仕事に挑戦する授業を組んだ。

 五つのクラスごとに6班に分かれ、各班が1時間ずつ担当する形で進行。2年1組の枝廣梨々さん(13)らのグループは、縦、横、斜めの1列の合計が同じ数になるように違った数字を四角に並べる「魔方陣」を題材に、タブレットを用いて出題した。最後はクラスメートに魔方陣を作らせ、授業を締めくくった。枝廣さんは「みんなにしてほしいことを伝えるのが難しく、準備も大変だった」と感想を語った。

 ほかにも折り紙の作り方を正しく相手に伝える文章作りを練習したり、英語のクイズで語学力を磨いたりする授業もあった。吉田甲(はじめ)校長(58)は「事業所に赴くことはできない代わりに、自主性の高いプログラムになった」と話した。(有冨晴貴)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ