明石

  • 印刷
目いっぱい背伸びをして折り紙を木板のツリーに飾り付ける子ども=明石市上ノ丸2
拡大
目いっぱい背伸びをして折り紙を木板のツリーに飾り付ける子ども=明石市上ノ丸2

 入館者にクリスマスムードを味わってもらおうと、兵庫県明石市立文化博物館(同市上ノ丸2)が恒例イベント「ぶんぱくNoel(ノエル)」をロビーで開いている。子どもらがサンタへのお願いメッセージを寄せ、キャンドルや長靴形の折り紙の飾り付けを楽しんでいる。

 同館が2016年から催すクリスマス事業の一環。今年1年で頑張ったことを書き、会場の赤いポストに投かんすれば、後日サンタから自宅に「よいこ証明書」が届くサービスも人気という。

 会場には不定期でサンタクロースが登場。明石幼稚園の園児(5)は、赤い服の白ひげのおじさんの出迎えに、満面に笑みをたたえて喜んだ。メッセージカードには「やきゅうができますように」と書き、母も「元気にたくましく育ってね」としたためていた。

 サンタは主に週末に現れるという。25日まで。(松本寿美子)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(5月19日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ